ekCraft's blogs

SE転向を目指すサンデープログラマーの備忘録

【MacBook Pro Late2011】SSD換装して高速化(CSSD-S6T240NRG4Q)

こんにちは。

ふと、ブログ名がダサいなーと思って変えてしまいました。

言っても『KinKi Kids』くらい安直な命名ですがw

今後とも宜しくお願いします。

 

さて、すっかりハードをいじくりまわして遊ぶばかりのブログになってまいりました。今回は現在メインで使っているMacBook Pro(Late2011)のSSD換装備忘録です。前回SSDの問題点だなんだという記事を自分で紹介しておいてその舌の根も乾かぬうちに、やってしまいました。

 

結果から申し上げますと、まぁー速い速い。よく言われていますが、本当に新品買った時の感動がよみがえる思いです。パッとSafariがたちあがるのは気持ち良いですね。数字で測るのは基準がよくわからないしゲームもしないのでしていません。上記はあくまで私個人の体感で得た感想です。

 

用意したもの。

SSD

 

 ・ヘクスローブドライバー

アネックス(ANEX) ヘクスローブドライバーT型 T6×50 No.6300

アネックス(ANEX) ヘクスローブドライバーT型 T6×50 No.6300

 

 

マイクロドライバー 

VESSEL(ベッセル) マイクロドライバー No.9900 +00×75

VESSEL(ベッセル) マイクロドライバー No.9900 +00×75

 

 マイクロドライバーはメモリ増設の時に購入したもの。

 

・ハードディスクケース

こちらも前回のLavie LL/750/L SSD換装の時に購入したものをそのまま使います。先日入れたHDDは予め抜いてあります。

 

SSD(CSSD-S6T240NRG4Q)を開封します。

f:id:ekCraft:20160126160355j:plain

箱の中はさらに厳重にダンボールで埋められています。

f:id:ekCraft:20160126160405j:plain

3.5インチマウンタとネジが付属しています。クローンソフトなどは付属していません。

f:id:ekCraft:20160126160439j:plain

レビューっぽく、そばにあったXperiaZ ultraと並べて置いてみました。

f:id:ekCraft:20160126160533j:plain

ほぼ同じくらいの厚みに見えます。持ってみると見た目以上に軽いです。

f:id:ekCraft:20160126160509j:plain

換装していきます。手順は下記記事を参考にさせていただきました。すごく凝ったデザインで作られているサイトです。見やすい。

moooii.com

 

Time Machineを使ってバックアップをとったら、システム終了して本体を裏返し…

f:id:ekCraft:20160126160623j:plain

10か所のネジを外します。ネジが2種類あるので、わからなくならないように外した場所の近くに並べて置きました。

f:id:ekCraft:20160126160710j:plain

蓋を開けます。

f:id:ekCraft:20160126160826j:plain

もともと搭載されていたのはHITACHI製の500GB HDD。内蔵ディスクの容量は半分以下になりますが、これを倉庫として継続利用するので問題なし。Appleのロゴが入ってるんですね。

f:id:ekCraft:20160126160909j:plain

固定パーツとコネクタが無事外れました。コネクタを外す時は少し力が要ります。

これが一番ドキドキしますw

f:id:ekCraft:20160126161140j:plain

また無意味に並べてみました。当然ですが厚み以外はほぼ同じ大きさです。

f:id:ekCraft:20160126161300j:plain

HDDから透明のタブを張り替えてビスを付け替えます。ここでヘクスローブドライバーが必要になります。

f:id:ekCraft:20160126161415j:plain

取り外した時と逆の手順で戻していきます。MacBook Proの場合、パーツによってしっかりと固定されるのでスペーサーは不要でした。

f:id:ekCraft:20160126161725j:plain

 

次は復元です。

command+Rを押しながら電源を入れてMac OS Xユーティリティを起動します。

ディスクユーティリティからMacOS拡張(ジャーナリング)でSSDをフォーマットしたら、Time Machineバックアップから復元するだけ。特につまづくポイントはありませんでした。Time Machineの便利さを今までで一番実感した瞬間です。

f:id:ekCraft:20160126161924j:plain

復元には結構時間がかかります。

 

最後にTrimを有効にします。なんでするの?という疑問は下記サイトにわかりやすく説明があります。ダウンロードから有効化の手順まで説明してくれています。感謝。

macperson.net

 

作業は以上です。

時間(とお金)はかかりますが、その分私の軟弱な集中力を補って作業効率がぐんと上がりました。

購入して5年弱経ちましたが、まだまだ末長くお供して頂きたいと思います^^